1 趣旨
地域を復活・活性化させるには地域の事を知り愛することから始まり、その為に地域の物語、いわれ、伝説を分かりやすく表現することが必要と思われます。広島のNPOや市民グループが東日本復興支援の為に立ち上げたボランデポひろしまに所属するまち物語制作委員会が中心となり東北の被災地に伝わる民話や言い伝え、いわれ、伝説、まち物語を紙芝居にし、東北地方の復興および地域活性化に貢献しようとするものです。

2 目的:
(1)東北被災地の物語を紙芝居化し、地域で活動するまちづくりグループに届け活用してもらうことで地域の復興・活性化を図る。
(2)東北地方の物語を掘り起こす過程において、地元市民グループの協力を得ながら避難住民からの聞き取り作業、確認作業を通し、仮設住宅内における被災者同士の交流を図る。

3 内容
(1)制作内容:東北被災地に伝わる観光名所のいわれや伝説、偉人伝などのまち物語を市民グループの協力を得ながら紙芝居にしていく。
(2)対象地域:東日本大震災被災地
(3)制作期間:平成24年1月〜27年3月末
(4)制作目標本数:100本
(5)現地発表会
  ア 時期:平成24年3月及び12月(以後随時)
  イ 場所:東北地方の仮設住宅など
(6)その他:制作により発生する著作権は紙芝居を利用し地域復興・活性化に役立てようとする市民グループに無償譲渡する。


4 実施団体
  主催:ボランデポひろしま
  実施主体:まち物語制作委員会